宝当神社

宝くじが当たる、金運神社、高島の宝当神社参拝ガイドです。

宝当神社の歴史

ついにやってきました!!
ここが宝当神社です。
野崎隠岐守綱吉
ご祭神は、野崎隠岐守綱吉(のざきおきのかみつなよし)
天文23年(1554年)信州は諏訪の国に生誕する。
肥後国豊後の大友義鎮公に仕え、軍功著しく恩賞をいただく。 肥前国草野城主として草野鎮永に迎えられる。 元亀4年(1574年)草野城が龍造寺隆信らに取り囲まれるも奮戦打破。 しかし、その武勇を妬まれ、止む無く城を去る。
同年9月高島に逃れる。
高島に移りし頃、海賊の火山神九郎一族が高島の人家を襲撃、強奪。 逃げる間際に、事を聞きつけた綱吉が、海賊を成敗。 その後、近遠の賊船は、綱吉の勇力を聞き及び、二度と高島を襲撃することは無かった。
綱吉は島民とはかり、祖先を祀る氏神として塩屋神社を設立。
天正13年(1586年)綱吉は高島において逝去。 島民は、綱吉を島の大権現として葬を厚くし祠を建てる。
明治34年(1901年)当島の宝「寶當神社」として鳥居が奉献、今に至る。
(宝当神社案内より抜粋)
平成5年(1993年)「島おこし」の一環として、 宝当袋なる縁起物を作ると、宝くじ当選という御利益が現れたそうです。
今や、宝くじが当たる神社として有名になり、高額当選を願う人々が全国各地から参拝に訪れています。



霊験あらたか

宝当神社の歴史
宝当神社横には、宝当神社の歴史が書かれてあります。
当地でよく御覧下さい。
綱吉公のご活躍や、島民を思う気持ちに思いを馳せて、欲無く、 万象に感謝しお参りいただければ、霊験顕わること間違いないでしょう。


宝当神社参拝の前に、塩屋神社に行く
金運の参拝方法は、こちら


新春 春(張る)財布 新春に買うと財布がお札で張るといわれています。
大人気!すごい勢いで売れています! 注文状況を生中継中!




Copyright(C) 2010 高島の宝当神社参拝ガイド All Rights Reserved.